シルバーアクセ

JUGEMテーマ:シルバーアクセ


tribal ring
今日は前回投稿していたトライバル風指輪の
ボクセルデータのリトポロジー作業の結果です。

時間かかるのは覚悟の上だったのですが、リトポロジー作業
はじめたら思っていた以上にはまってしまい、ほぼ8割位リトポしてしまいました。

tribal ring

何にはまってしまったかといいますと、ポリゴンを貼っていたモデラーさんにはわかると思うのですが、
ポリゴン貼りってある種パズルを解いている・・・的な快感が一部ありましてリトポロジー作業も
同じような感覚に陥ります。

tribal ring

3D-COATのリトポロジー操作は若干のやりにくさがあるもののはまり始めると、とまりませんでした。
(リトポしている時に辺の押し出し・・・ってないんですかねぇ〜しょんぼりあると作業早いんですが・・・)

リトポ作業した結果のデータ量としてはボクセル時よりも軽くなるので、情報量のそぎ落とし作業に
なるのですがやはり、綺麗なエッジと滑らかな曲面が出たので無駄ではなかった・・・と思いますショック

ちなみにこんなソフトも出ていますね。Sculptrisというソフトです。
ちょっと触った感じ、体積が増える時にポリゴンも増えているようでかなり期待大ですね拍手

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL